さんかくすい

2018年6月13日号

6月第2週助手の動線を確認する

2018年06月20日 14:51 by hino_ayaki

 リハビリ助手は自分なりに頑張って、患者さんと接しています。そのため、他のスタッフもなかなかリハビリ助手にアドバイスすることができません。ただ、この状態で患者さんが増えた時はどうしても接遇力が低下してしまいます。

 そこで、リハビリ助手の動線を再検討し、どうすれば短い動線で患者さんと接する機会を増やすことができるかを話し合うことが必要です。

 下記の会員限定の記事では

①院長先生は何を働きかければいいですか?

②何を基準にすればいいですか?

の2点を871字でお伝えいたします。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6月第3週 リハビリ事務を活用する

2018年6月20日号

6月第1週 チームワークを強化する

2018年6月5日号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。