6月第2週は助手の動線を確認するというテーマでお伝えします。

  

 今後の経営において、物療数を維持するためには接遇力を維持することが重要です。そのためには主任クラスによるフォローだけでなく、助手の動線を検討し、より患者さんの満足度を高めることがポイントです。その際は助手の意見を尊重しながら、客観的に動線を見直すことです。 

 

 そこで、余裕のある雰囲気を醸成し、リハビリ助手のチームワークを発揮できる体制を作ることです。その第一歩が助手の動線を確認することです。

  

 下記の会員限定の記事では

①リハビリ助手の考えを尊重する

②自己肯定感を高める

③動線を変えるための協力者

 

 

の3点を834字でお伝えします。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。